がん治療の方法を知りたい方へ~薬物療法

がん治療には、どのような方法があるのかを知っておきたいと思われる方へ、薬物療法(化学療法)といわれるものがあるということを知っておいてください。この方法は主には良く知られている抗がん剤での治療になります。細胞を死滅させたり、それから繁殖を抑えることができます。それから、抗がん剤での投与の方法として点滴や注射、それから内服などによるものになるということを知っておきましょう。血液を通して全身に行き届くことから小さな細胞にも行き届きます。そういった効果があるのとは反対に副作用の症状もあるということをしっておいてください。脱毛であったり、吐き気であったり、それから倦怠感などがあります。肝臓や腎臓、それから血管への障害は避けて通れないということを知っておきましょう。効果的であるのですが、体に大きな負担があるということを知っておきましょう。

がん治療の方法を知りたい方へ~放射線治療

がん治療の方法の一つに放射線での治療の方法があるということを知っておきましょう。これは、がん細胞の局所に放射線をあてて、局所へあてる方法であるということを知っておきましょう。特徴としては、がんの大きさや位置を把握することによって集中的に治療を行うことができます。放射線をどのようにしてあてるのかというと、外部からの照射、それから針やカプセルを細胞に挿入して照射をする方法がありますが、一時的に皮膚や粘膜の炎症などを起こす可能性があるということもあらかじめ知っておかれることです。これによる副作用として、放射線による障害などやめまい、それから倦怠感などの体に全体の症状が現れることがあるということを知っておきましょう。このような方法は治療とともに、副作用を緩和させることが必要になってくるということです。

補完的に行うがん治療

補完的に行うがん治療として、どのようなことがあるのかを知っておきましょう。それは漢方薬での方法、温熱療法、それから理学療法があるということを知っておきましょう。漢方薬は副作用への対策や免疫力を高めるために使われることが多く、温熱療法としてはがんの細胞に直接熱を与えることにより細胞が死滅をするようにする、それから血行をよくすることにより体全体の免疫力をアップさせるという効果があります。また、理学療法として運動やリンパなどをマッサージすることによりむくみなどを取り除くことができるという療法です。こういった複合的な治療を行うことにより、治療が相乗効果となるような効果が期待できます。また、この補完的におこなう療法は、保険が適応になるものもありますので、あらかじめそういったところで受診をされるよう、おすすめしておきます。